1. ホーム>
  2. 事業案内>
  3. 食品部門

食品部門

おいしさ、安全。本物の食の
豊かさを目指して。

イタリアの本物のおいしさをお求めですか?ぜひ、食品部門へご相談ください。

食品部のミッションは「オリーブオイル」、「アンチョビ」、「ワイン」などのイタリア食材を日本へ輸入し、そのおいしさを皆様にお届けすることです。私たちのこだわりは、本場の味と価格を、可能な限り日本で再現することです。イタリアから日本へ向かう船が、赤道に近づくとコンテナ内の温度が上昇してゆきます。熱による影響を考えて、ワインやアンチョビなど、温度変化にとても敏感な商品はリーファー(定温)コンテナを使って運んでいます。イタリア食材のスペシャリストが直接現地へ出向き、生産者と直接話し、作業に触れ自分の目と舌で納得したものだけを、自信を持って紹介しております。本物のおいしさを、ぜひお確かめください。

お問合せ

  • 食品部 03-5372-4619

生産者を紹介
シチリアの太陽を封じ込めたような、
鮮度へのこだわり。

オリーブオイル生産者
アルベルト・ガッルッフォ氏

シチリアの太陽を浴びたオリーブの実はとても風味がよく、塩漬けにしてもおいしく食べられます。イタリアでオリーブオイルコンテスト審査委員長に抜擢されるアルベルト氏のこだわりは、この実そのものが持つ味わいを引き出すこと。実を早摘みすることで高ポリフェノールを引き出し、3時間後には低温圧搾。まさに摘みたて、搾りたての風味を封じ込めた逸品に仕上げています。

食品部では、こうした魅力を損なわないよう、低温で鮮度管理ができるリーファーコンテナで日本へ輸入。お求めやすい価格で提供しています。サラダやパン、ピザ、パスタはもちろん、炒め油や、納豆、豆腐、お浸しといった和食にもよく合うので、ぜひ気軽に、アルベルト社製オリーブオイルのおいしさを楽しんでください。

生産者を紹介
アンチョビの命は『鮮度』です。
地中海の恵みをご賞味ください。

アンチョビ生産者
バルドー・スカーリア氏

スカーリアさんは、1979年から、アンチョビに人生をかけて作ってきました。

アンチョビは、カタクチイワシを塩漬けにした後に熟成させて作る、とてもシンプルな食品です。
シンプルだからこそ、作り手の姿勢が味に出ます。

鮮度の高い素材を厳選し、運送・製造時の的確な温度管理を実施し、熟成度を見極める。
(アフリカや南米で加工したカタクチイワシをイタリアやスペインで瓶詰めだけ行っている商品や、冷凍のカタクチイワシで加工された商品とは、味に大きな差がでます。)

一切の妥協を許さないスカーリアさんが作り上げたアンチョビは、世界中の一流シェフの皆様に愛され続けています。

仕入れ担当者の声
良質で健全な食品のみを、出来る限り
リーズナブルに提供し続けます。

食品部
青井 亮

●一般社団法人 日本ソムリエ協会認定 シニアソムリエ

●英国WSET認定 Level3

生産者がどの様な気持ちで、モノづくりをしているのか。私は、自分の家族や愛する人たちに、健康に疑わしいと分かっているものを食べさせることは絶対できません。皆様も同じ気持ちではないでしょうか。食べる側の皆様を自分の家族と思って、思いを込めて、モノづくりをしている生産者のモノのみを扱っていきたい。その様にして選んだ商品が、皆様の食卓に受け入れられたと実感できたとき、やりがいや喜びを感じます。

良質で健全な食品を食べ続けていくことは、人生を豊かにしていくものだと思っています。皆様の人生の最後まで、「食」でお役に立つことができれば幸甚です。